Ansible Night in Tokyo 2018.12

2018-12-07(Fri) / Tech

今回もブログ枠に滑り込んで参加。

メイン1: Ansible Fest サマリ & 事例関連の報告

スライド:https://www.slideshare.net/FideleRuuth/ansible-night-tokyo-201812-ansible-fest

@fideleruuth さんのAnsible Fest報告から。

懇親会で聞いた話も含めると、駐在員を含めて日本国籍の参加者が1桁しかいなかった模様。

全体的には「企業全体での自動化をいかに取り組むか」に関する声が大きかったよう。 スライドにもあるように単純なWebサービス系企業だけではなく、 金融業・通信業・エネルギー業といった社会インフラを担う企業でも積極活用している事例が多く紹介されており、 ITオートメーションツールとしてのAnsibleの占める重要性を感じられるものだった。

メイン2: テクニカルな目線からみたAnsible Fest(仮)

@nikuyoshi さんによる、Ansible FestとMoleculeの共有。(Festの話は重複してそうな箇所がカットされていった)

スライド:

Moleculeの存在は、先月行われたRed Hat ForumにおいてJALのセッションで存在と最低限の概要を知っていたので、 使い方なんかを共有してもらえたのは結構大きかったです。

仕組み的には、テスト対象となるロールに対して「シナリオ」を用意して、シナリオごとに 「文法規約のチェック」 「テスト環境の構築」 「Playbookとして反映後にテスト」 「テスト環境の破棄」 といった工程をシーケンシャルに実行してくれるようになっているらしい。

単純な lint のフェーズでも yamllint flake8 といった、ロール無いのファイル群を全範囲でチェックしてくれるため、 きれいなコードとなる感じすごくしそう。 構築可能なテスト環境の種類も多く、テストツールもサポート形式のバラエティがあるため、 普段から使っているものが使えるなら、比較的導入が簡単そうな感触があった。

Ansibleのプロジェクトに合流したので、サポートが強固になるのもあり、 きちんと向き合う価値がありそうだった。

とりあえず、自分が公開しているロールのテストをこれでやってみようかと思う。

メイン3: Ansible Fest 報告 パネルディスカッション

ツアーみたいな感じで日本からAnsible Festに行った人たちによる軽いパネルディスカッション。

人が違えば企業も違うので、参加動機も違ったり面白かったセッションも違うので、「視点の差」みたいなものを感じられた。

聞けば聞くほどAnsible熱量の差は感じられるので機会があれば行ってみたいのだけれど、英語がががが。。。

LTいろいろ

今回もテーマが様々。

メインセッションでもそうだったけど、ネットワーク系のモジュールへの関心がかなり強く、 Ansible的にはサーバーオペレーションはだいぶ落ち着いてきているような印象が強い。

ただ、クラウドネイティブなツールと現実との乖離を埋めるなど、まだまだいろいろなアプローチが共有されていくのかなと思う。

まとめ

サーバー内の構成だけでなく、ネットワークやクラウドサービスの管理も実現可能なツールとして、 まだまだAnsibleは日本でも利用者が広がっていくし、興味が尽きない。

Moleculeやこれからも増えるモジュールなどによって、より 「自動化」 を効率よく推し進めることができると信じたい。



技術書典5に行ったログ

2018-10-08(Mon) / Tech

社内のSlackで「あるよ!」ってメッセージを書いたら、なんか増えて最終的に7人で行くことに。

今年は開場時刻ぐらいの11時に到着、会場入りが12時前。 整理券制じゃなかったけど、一時離脱が13時前なので、いいペースで回れたと思う。

購入リスト …

>>read more


Golangの素振りを兼ねて、Mackerelのプラグインを作ってみた

2018-10-07(Sun) / Tech

社内で話題に登ったのをきっかけに、「ドメインの有効期限をチェックする」Mackerelのチェックプラグインを作りました。

https://github.com/attakei/mackerel-plugin-check-whois

これぐらいの記述なら普段使ってるPythonのほうが楽そうな気もしたが、 素振りのサイズとして手頃なのとMackerel本体が書かれているという理由で …

>>read more


Ansible Night in Tokyo 2018.09

2018-09-25(Tue) / Tech

年末以来の参加。 今回はブロガー枠ですが、すみません遅刻しました。

テーマは、「GitLab」と「インフラCI」

GitLab で実現する Ansible …

>>read more


July Tech Festa 2018感想

2018-07-29(Sun) / Tech

  • インフラ系サーバサイドエンジニアが、
  • インフラ系中心のカンファレンスで
  • フロント系技術の登壇をする

という面白い経験をしました。

多分、発表内容寄りの感想は自社のエンジニアブログに書く想定

「発表する」ということ

過去最長の尺となる45分枠だったが、 CfP出した時点で …

>>read more


Yagura を作ってる

2018-07-22(Sun) / Tech

いろいろな思惑があって、最近はYaguraというPythonパッケージ(厳密にはまだDjangoプロジェクト)を作ってる。 この時点でのバージョンは、 0.4.1

何をするものか

概要的に書くと …

>>read more


パセラのコワークで作業してみる

2018-07-09(Mon) / Life

行ったのは 東新宿店

今年度に入って「有給の消滅回避」と「週一OSS系のコードを書くことに集中する」という目的で、 差し迫ったタスク等がないことを前提に毎週月曜に有給取ってコード書く時間にしてる。

で、家にいると気が緩んだり誘惑があったりするので …

>>read more


Errbotの動向追跡(2018/07/01版)

2018-07-01(Sun) / Tech

定期的なアウトプットの訓練として、 ErrbotのGHプロジェクトの動向を雑にまとめてます。

先週できなかったので、2週分まとめて整理

Commits

fix: Remove extra spaces in …

>>read more


Errbotの動向追跡(2018/06/17版)

2018-06-17(Sun) / Tech

※定期的なアウトプットの訓練として、 ErrbotのGHプロジェクトの動向を雑にまとめてます。

Topics

master ブランチから 6.0 ブランチが切り出されて、 6.0 …

>>read more


Errbotの動向追跡(2018/06/10版)

2018-06-10(Sun) / Tech

定期的なアウトプットの訓練として、 ErrbotのGHプロジェクトの動向を雑にまとめてます。

が、今週の動向を追うと、masterコミットなし、Issueなし、PRなしっぽいので、GitHubからネタを引っ張り込めませんでした。

で、Gitterの方を見ると …

>>read more


« - 1 / 10 - »