技術書典を始めとした9月初旬の近況

2022/09/01~2022/09/11あたりの振り返りメモ。ちょっと色々と面白い状況になったので忘れずにちゃんとする。

Sphinx+翻訳 Hack-a-thon 2022.09

https://sphinxjp.connpass.com/event/258585/

登壇資料を割りと黙々と作っていた時間。 とは言っても、そこまで大きな進捗はなかった。

Fortran絡みのいくつかのサイトがSphinx製と知ることが出来たのは地味な収穫。

Pipedream

https://pipedream.com/

IFTTTやZapierのようなパイプライン系SaaS。 ちょっと変わっている点としては、「アクションとしてNode.jsやPythonのプログラムを直接書ける」という点。

今月の頭から、やってみようと思っていたいくつかのワークフローをここで実装してみている。 [2]

きっかけが面白くて、直メールで「Proアカウントのクーポンいらない?(意訳)」という連絡を貰ったというもの。 どうも sphinx-revealjs をきっかけにコンタクトを取ってみてくれたっぽくて、OSS活動の思わぬ副産物だった。

少なくともクーポンの期間は使い倒して見る予定で、まとめてノート化したいところ。

技術書典13にオフライン参加

https://techbookfest.org/event/tbf13

この時期に実施されているのだが、日程がちょうどよかったので、せっかくなのでオフライン開催にも参加した。

現地にいるからこそ「手にとって立ち読みする」という体験があるのはやっぱり重要らしい。 ちなみに、体感としてはプログラミング言語系というよりも、もうちょっと基盤よりだったりのほうが多めな印象。 やっぱり電子工作系は物理的なデモを出せるのもあって目を引く感じだった。

ちなみに、余裕を持って「13:00入場予定」のチケットを買ったところ13時半に入場して待ち時間ゼロだった。

この後もオンライン開催が続いているので、電子書籍系をもうちょっと眺めて買うかも?